牛久の家

architect里山建築研究所

address茨城県

住宅特集2016年5月号 86P

古い農村集落の代々住み継がれてきた民家を3間×8間のマツの梁組を再利用して配置と規模をほぼ変えず、現代の暮らしに合わせた板倉の家へと建て替えた。土間 (食堂、台所) 、板の間 (居間、子供の勉強部屋、寝室) 、座敷が連なる平面構成。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。