松山南の家

architect小松隼人建築設計事務所

address愛媛県

住宅特集2016年3月号 136P

祖父母の母屋を取り壊し、新たに平屋を建てる計画。既存の南庭を眺める南面を全面開口とした。さらに北側の居室と南側の居室の中間部分の屋根を勾配とは逆に室内側に織り込んで緑化。北側の居室にも光を採り込む。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2016年3月136ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。