希望ヶ丘プロジェクト

architectNPO法人 福島住まい・まちづくりネットワーク/難波和彦+嶋影健一+八木佐千子+浦部智義+芳賀沼整+滑田崇志

address福島県

住宅特集2016年1月号 130P

復興住宅への応用を視野に入れ解体・移築可能な木質構法を採用した小規模集落モデル。「WOOD ALC構法棟」、「在来パネル構法棟」、「縦ログ構法棟」、「丸太組構法棟」の4棟から成る。現在はNPO法人 福島住まい・まちづくりネットワークの活動拠点となっており、集会所やギャラリー、体験宿泊にも利用される。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2016年1月130ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。