菊川の家

architect下川徹

address山口県

住宅特集2015年12月号 20P

青々とした田園と山並みの広がる山里に建つ。建物は細長い敷地を活かし、軒高を抑えた約36mの小屋組に緩勾配の切妻屋根を架けている。西側は20本に及ぶ列柱と上下の横架材が緩衝空間となる外廊下をつくり出す。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2015年12月20ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。