olioli

architect亀井寛之+廣瀬悦子

address東京都

住宅特集2015年9月号 146P

クリの木とキウイ棚に囲まれ、この木々を巡る体験を室内にも実現することが目指された。リビングは最高天井高7, 960mmの空間に、親の仕事場や子供の遊び場各機能を配したラーチ合板仕上げの複数の小さな箱を点在させ、互いが見え隠れするように開口を配置。箱の大きさは、向かいの畑に点在する3m四方に整えられたクリの木に由来し、室内に木々の隙間を巡るような体験を生み出している。  

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2015年9月146ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。