掬水観

architect吉村篤一+建築環境研究所

address京都市

住宅特集2015年8月号 144P

緑豊かな住宅街に建つ。コの字型プランの中央に3. 4×2. 5mの池を配し、室内の各所から水のある風景を楽しむことができる。居間と外部テラスの床材には同じ天然大理石で統一して庭との連続感をつくり出し、居間のガラス戸の方立てを透明3枚合わせガラスで設えることで池への視線が遮られないように配慮している。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2015年8月144ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。