津福今町の家

architect下川徹

address福岡県

住宅特集2015年7月号 48P

交通量の多い久留米市の郊外に建つ。4面をRC壁で覆い中庭を設け、安定した光を内部に取り込む。この家のために焼かれた床の磁器タイルや食事室の壁を覆うニヤトーの决り材、木格子の玄関扉、躯体の強さと共に細やかな素材への配慮が生きている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2015年7月48ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。