農を楽しむ家

architect新居照和+新居ヴァサンティ/新居建築研究所

address徳島県

住宅特集2015年4月号 118P

敷地は幹線道路から入った住宅街と田畑が混在する場所に位置する。既存の庭を生かして日常的に農業を楽しめる木の住まいへと建て替えた。敷地の中央にヴォリュームを設けて三角形の大屋根を掛け、南北への抜けをつくり出している。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2015年4月118ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。