斜面を受け止める家

architect井出敦史+加藤克彦/ sum design + tenjin studio

address長野県

住宅特集2015年3月号 118P

軽井沢の新しい分譲地に建つ木造平屋。隣接する保存緑地の斜面に対してV字型に平面を開き、敷地の勾配に合わせて屋根を架けている。リビングルームには緑地に向かう全面開口と隣地側の景色を切り取るスリット窓を対照的に設け、建具枠が柱の後ろに隠れるように設えている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。