芦花公園の住宅

architect藤田雄介/ Camp Design

address東京都

住宅特集2015年2月号 127P

築40年を超える団地の一室のリノベーション。鉄筋コンクリートの躯体はそのままに、場を仕切り奥行を生み出すための柱間装置として建具の活用を試みている。既存の建具枠を活かして設置された高さ1, 750mmの布框戸には場に合わせて異なる布が張られ、R不動産toolboxでも発売予定。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2015年2月127ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。