なご原の家

architectダブルネガティヴスアーキテクチャー

address長野県

住宅特集2014年11月号 134P

八ヶ岳の緑豊かな斜面に建つ。コスト性、施工性を踏まえ、最大接続数、最小接続角度、構造的に妥当な接続形状など与えられた設定条件から構造フレームを導き出す「Corpora (コーポラ) 」という設計者が独自に開発したソフトにより、独特な形態が生まれている。プランや開口位置などはこのフレームを活かして設計者が計画している。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2014年11月134ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。