川越の切妻屋根

architect澤秀俊/テーラード・デザイン研究所

address埼玉県

住宅特集2014年10月号 84P

田園風景が広がる郊外の市街化調整区域に建つ。8. 19m四方の正方形平面に矩勾配の大屋根を架け、目前に広がる田畑に向けて軒を2. 3m延ばしてテラスを設けている。全面ガラスにした切妻破風が風景を三角形に切り取り、田畑から庭、テラス、広間と2階の子供室、ワークスペースまでが一体となる。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2014年10月84ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。