奥の家

architect泉幸甫建築研究所

address愛知県

住宅特集2014年7月号 78P

四方を囲まれた旗竿敷地において、小さな空間の中で7つのレベルをつくり出し、目的を限定せずさまざまな居場所を設えた住宅をつくり出している。土壁、スギ板、障子などを用いた和風の設えとしており、光が柔らかく回り込み、陰影をつくり出す。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2014年7月78ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。