凹と凸

architect小島光晴建築設計事務所

address群馬県

住宅特集2014年6月号 138P

家族室を外部へ開き、個室を閉じる住宅が多い中で、湾曲壁を用いてその関係を反転させることで、家族間、また地域との繋がりをより強めることを意図した住宅。キッチンはテラスと一体利用できるように開き、長手方向に巡らされた収納は室内に広がりをつくると共に短手方向の耐力壁にもなる。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2014年6月138ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。