カイヅカイブキのある家

architect神家昭雄/神家昭雄建築研究室

address岡山県

住宅特集2014年6月号 128P

老朽化した住宅の建て替え。もともと庭に育っていた樹木を極力残し、さまざまな距離感で庭との関係を築けるよう、庭側の外壁を雁行させて、軒の出や窓の大きさや配置によって多様な居場所をつくり出している。開口部には障子のほか経木戸を設え、明暗や視線の抜けにも変化をもたせている。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2014年6月128ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。