• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
調布・角地の住宅
塩崎アトリエ
bookmark_outline
概略
郊外の角地に建つ住宅において、ふたつの湾曲壁をもつ空間によって、駐車場・庭といった外、外と中、ワンルームである内部に広がりをもつ、少し幾何学的な空間をつくることを意図している。2階の渡り廊下上部にはステンレスの鏡面が貼られ、視覚的に内部と外部が連続する。
所在地
東京都
掲載誌
新建築住宅特集 2014年6月号 114P