須栄広長屋

architect大阪市立大学竹原・小池研究室+ウズラボ

address大阪市

住宅特集2014年6月号 62P

木造密集地域に建つ昭和初期に建てられた4軒長屋。中央2軒をつなげた棟と両端の棟、計3軒の住宅として、建設当初の姿を尊重しながらファサードをはじめ内部を改修している。構造補強のほか、シェア居住も想定した現代における繋がり方、街の持続性も考慮された。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2014年6月62ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。