箱の家 142

architect難波和彦+界工作舎

address埼玉県

住宅特集2014年5月号 115P

敷地は住宅の密集地にあり面積85 m2 。建物は床レベルを540mm立ち上げたスキップフロア型の一室空間とした。プロトタイプとしての「箱の家」のコンセプトやシステムを共有しながら、敷地や家族の個別的条件により、今回紹介する3作品はいずれも特徴的な展開となっている。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2014年5月115ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。