H-house

architect井上玄/GEN INOUE

address神奈川県

住宅特集2014年5月号 30P

約450 m2 の敷地のうち、約75%が傾斜地という条件に建つ。平地より過大になりやすい基礎を等高線に対して直交方向にのみ打つことでコストの負担を軽減し、画角の広い眺望を獲得している。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2014年5月30ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。