八木の家

architectsuppose design office /谷尻誠 オーノJAPAN /大野博史

address鳥取県

住宅特集2014年3月号 48P

開口部にガラスの入っていない、階高約6mの屋外部屋の1階と生活するうえで必要最低限まで完成させた2階の2層から成る。柱梁を外側に出し長手方向を1辺湾曲させることで内部には奥行を感じさせるがらんどうの空間がもたらされる。「未完成の完成」を目指し、ものづくりの得意な建主が手を入れ続ける余地を多分に残した計画。 新興建設 / オーノJAPAN / 大野博史

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2014年3月48ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。