• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
紫竹の住居
小田真平建築設計事務所
bookmark_outline
概略
構造補強が必要だった住宅密集地に建つ2階建て住宅において、3つの居室を構造体のヴォリュームとして挿入。白く塗装した空間に外光を採り入れ、既存の柱や梁をはじめとしたテクスチャーが浮かび上がる。路地に面したアトリエの開口部は大きなガラス窓・扉に変更して街へと接続する。
所在地
京都府
掲載誌
新建築住宅特集 2014年2月号 72P