• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
GFU
新関謙一郎/NIIZEKI STUDIO
bookmark_outline
概略
間口が狭く、奥行のある敷地が連続する伝統的な街並みが残る山麓に建つ。隣家と勾配の調子を合わせ、大きい切妻の屋根には建主が一枚一枚焼いた藤岡瓦を使用。室内は大きな屋根面が生むヴォリュームが反映され、3×10間の大らかな空間が広がる。
所在地
岐阜県
掲載誌
新建築住宅特集 2014年1月号 110P