Bent House

architect筒井康二建築研究所

address東京都

住宅特集2014年1月号 90P

4面に隣家が建ち迫る中、北側斜線制限から決まる屋根形状を南側開口部の庇でも反復させている。さらに庇上部の屋根にトップライトを設えることで冬は光を室内奥まで取り込み、夏はこの庇がリフレクターとなり陽射しを遮り空の景色のみを取り込む。玄関上部と書斎上部の傾斜壁も同様の仕組みから成る。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2014年1月90ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。