箱の家010

architect難波和彦+界工作舎

address埼玉県

住宅特集2013年12月号 110P

1997年竣工の住宅。木造在来工法、2階建て。竣工当時は1階が親世帯、2階が子世帯の二世帯住宅 (4人暮らし) であった。築16年の中で変更箇所は経年故障した設備機器が中心。変化なく住む背景には、メンテナンスフリーの内外装材への視点や、変化に柔軟な一室空間構成、通気計画など持続のための工夫があり、その現状を追う。

close
arrow_left
1/6
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2013年12月110ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。