与野本町の民家

architect阿部勤/アルテック

address埼玉県

住宅特集2013年9月号 118P

1884年 (明治17年) に建てられた築約130年の民家の改修。建築苔原の苔原順二棟梁と共に、既存の伝統構法や空間を活かしつつ現代の住まいとして再構築。空間・機能的に補佐するため3×5間の無柱空間を挟むように南北1. 5間ずつの空間を増築したほか、減築やサンルームの設置など、既存材を積極的に用いながら光と風の通る住まいへと整えている。

close
arrow_left
1/9
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2013年9月118ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。