八ヶ岳の小さな家

architect伊藤寛アトリエ

address山梨県

住宅特集2013年9月号 100P

約500 m2 の敷地面積に対し建築面積約47 m2 を基本平面とし、寝室、 ダイニング、バスルーム + 洗濯・脱衣コーナーを計画。 外壁はサワラ材、内壁はラワン材とし、玄関を兼ねるポーチへ内部から連続した仕上げとして半外部的な「外の部屋」を南東と南西につくる。垂木の組み方や欄間の納まりによって構造と表層の「現し」を見せる佇まいとなっている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2013年9月100ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。