森を奔る回廊

architect手島浩之+武田幸司/都市建築設計集団/UAPP

address宮城県

住宅特集2013年9月号 40P

雑木林のような敷地の既存の木々を極力傷めないように計画された住宅。限られた細長い部分に建物のヴォリュームを1m浮かせて最小限の基礎を設け、柱・梁の門型フレームを等間隔で反復して場所毎に異なる高さの開口部を設えている。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2013年9月40ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。