• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
KRAMPON
荒谷省午建築研究所
bookmark_outline
概略
南北方向に11mの高低差があり硬質な岩盤質の敷地に対して、3つのヴォリュームを斜面に引っかけるように配置。掘削と基礎は最小限となる。地形を上り下りする体験を室内にも展開。三角形の階段室兼ライブラリー空間を上ると2階はデッキのあるシームレスな居室空間。
所在地
兵庫県
掲載誌
新建築住宅特集 2013年6月号 100P