大磯の家

architectアンドウ・アトリエ 安藤和浩+田野恵利

address神奈川県

住宅特集2013年4月号 136P

既存の樹木を残し、和室前には池を設えて庭と内部の関係を多様につくり出している。1階中央には広く土間を取り、庭と連続したセカンドリビングとして機能させ、居室と外部を緩やかにつなぐ。また2階の居間・食堂の一部を張り出して南西に茂るシラカシと一体感を得られるような設えとしている。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2013年4月136ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。