紫翠庵

architect吉村篤一+建築環境研究所

address京都府

住宅特集2013年1月号 84P

築約80年が経ち、あばら家状態だった町家を構造体のみ残し、改修した住宅。住まいと同様、荒れ放題だった庭は、倒れた灯籠をもとに戻したり切り株を撤去したりするのではなく、できるかぎり作為によらない廃墟庭園とすることが目指された。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2013年1月84ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。