風の間

architect芦澤竜一建築設計事務所

address沖縄県

住宅特集2012年12月号 158P

首里城近くの斜面地に建つ。高床の南北に開放された空間は下方から吹き上げる風が吹き抜け、強烈な陽射しを遮るべく、雨端といわれる深い軒下空間が設えられている。また光と周囲の目線を適度に遮る効果を期待してワイヤーネットによる壁面緑化が行われている。年に数回訪れる強烈な台風と折り合いつつ、木製建具を用いるなど自然の豊かさと寄り添う空間づくりがなされている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2012年12月158ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。