向日居

architect末光弘和+末光陽子/SUEP.

address福岡県

住宅特集2012年11月号 50P

11の木造ユニットをずらしながら配置し、中庭をコの字型に囲っている。それぞれのユニットは、25mm厚のスギの集成材をリブ状に連ねた板状の柱と、方杖、梁を連結したものを303mmピッチに並べて、一体化したもので、リブは棚の縦リブとしても機能する。また屋根裏で集熱し、ファンで床下へ送り込むことで簡易な床暖房としている。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2012年11月50ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。