起雲居

architect木原千利設計工房

address兵庫県

住宅特集2012年9月号 52P

重森三玲による枯山水の庭、2本の山桃の木や鞍馬石などを旧住宅の記憶として継承しつつ建て替えた。枯山水の庭を「見るための庭」、南側のテラスを「遊び楽しむ庭」としてリビングと積極的つなげたほか、全室洋間でありながら、和の空間がもつ静けさと落ち着きをもつ部屋などを職人技を駆使しながら設えている。

close
arrow_left
1/6
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2012年9月52ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。