高田のいえ

architect三澤文子/Ms建築設計事務所・MSD

address岐阜県

住宅特集2012年8月号 140P

既存住宅の現状を正確に把握し、的確な改修を行うことを目的とした「木造建築病理学」にもとづいた改修。劣化診断、耐震診断、維持管理診断、温熱環境診断、バリアフリー診断、防耐火診断を重点的に行う。そうした調査結果をもとに、築120年の本物件では玉石であった基礎にコンクリートを打設し、構造壁や新規梁の設置や断熱材の充填などを行って、良好な部材は生かしつつ耐震性と温熱環境を向上させている。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2012年8月140ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。