川に寄り添う家

architect水石浩太/水石浩太建築設計室

address東京都

住宅特集2012年5月号 92P

川と道が交わった場所に位置する三角形の敷地において、与条件から生まれた小さな外形の中に、部屋ごとに異なる空間を意図。小耐力壁を空間の仕切りとしつつ、ダイニングは高さ方向への伸び、リビングは室内側のベンチと出窓を同じ高さで外部へと連続させるなど、各居室で異なる川との接し方や奥行を生み出す。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2012年5月92ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。