鷹ノ巣の2世帯住宅

architect納谷学+納谷新/納谷建築設計事務所

address秋田県

住宅特集2012年4月号 132P

寒冷地に建つことを考慮し、各部屋と外部の間にバッファゾーンを設けるようにプランニングされた住宅。庭に面する南側はインナーテラスやサンルーム、北、東、西側は収納や採光および換気用バックヤードなどとしている。また、間仕切り壁が平面に対し斜めに振れているため、XY軸に対して有効に働く構造壁となり、南側を全面開口にすることが可能となっている。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2012年4月132ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。