茅ヶ崎の家

architect小川広次建築設計事務所

address神奈川県

住宅特集2012年3月号 102P

近隣からの視線を遮りつつ光を取り込むために、隣地境界にコンクリート打放しの塀を設け、建物は構造を担う壁以外はガラスで外周を囲んでいる。それにより高さ2, 250mmの塀とスラブの隙間から光が1階へと入り込む。階段室は塔屋から下界へ光が落ちる光井戸となる。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2012年3月102ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。