国分寺の家

architect谷尻誠/Suppose Design Office+オーノJAPAN

address東京都

住宅特集2012年2月号 68P

機能をコンパクトに箱状の空間に納め積み重ねていくことで、箱と箱の間に生じる隙間のような空間や、箱と箱をつなぐ廊下のような空間のスケールを操作して機能の限定されない空間をもたらしている。またそうした機能の限定されない空間にのみ外部につながる開口を設え、一方箱状の空間にはトップライトが設けることで、住宅の内部にも「家の中と外」のような関係をつくり出している

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2012年2月68ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。