木曽呂の家

architect増田啓介+増田良子/増田アトリエ

address埼玉県

住宅特集2011年12月号 126P

単身者である建主が趣味である水槽や蜂の巣箱、鉢植えに十分なスペースが取れるように計画された住宅。エントランスから帰宅する建主を迎え入れるような物見台まで内外を通る長い動線が設けられ、アーチ状に刳り貫かれてた寝室やベンチが途中に居場所をつくっている。全体を通して多様されるアーチは、構造的な意味合いからは解放され、純粋に形としてのあり方が追求されている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2011年12月126ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。