ルーフテクチャー 波賀

architect遠藤秀平建築研究所

address兵庫県

住宅特集2011年9月号 102P

敷地中央に聳える4本の桜の大木の、四季折々の変化を感じるための住宅。機能をもった4つの木造の箱を敷地境界線に合せて配置し、それらを覆うように、半透明のグラスファイバー強化パネルを用いた多面体の大屋根が架けている。屋根越しに透過する光は時間の変化と共に表情を変え、夜になると照明により、闇の中に屋根が浮かび上がる。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2011年9月102ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。