市川の住宅

architect永石貴義建築設計事務所

address千葉県

住宅特集2011年7月号 112P

nLDKのつながりやスケールを少し変えることで、空間の質を変えることを試みている。スケールが大きく異なる1階と2階をつなぐ螺旋階段は、上りきると左右に居室を望むが、視覚的には廊下が居室になっているようにも見える。また廊下の突き当たりの床下空間は、天井と床の仕上げが反転し、建具でリビングと仕切れることで1、2階とは切り離されたような空間となる。見た目から想像されることと現実にズレがあり、意外性を楽しむことを促す。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2011年7月112ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。