• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
幡ヶ谷の家
丸山弾建築設計事務所
bookmark_outline
概略
3階建ての住宅に囲まれたL字型の敷地に、ふたつに分かれた躯体を配置。全居室の開口部を前面道路、私道、光庭に設け、一部を出窓形状とすることで奥行感を与えている。また各フロアをスキップフロアで計5層の居室をゆるやかにつなげることで、街と人の気配の継承を意図している。
所在地
東京都
掲載誌
新建築住宅特集 2011年7月号 74P