House in KAIJIN

architect布施茂/fuse-atelier+武蔵野美術大学布施スタジオ

address千葉県

住宅特集2011年4月号 78P

住宅が密集する敷地に、できるかぎり大きな居住空間を確保するため、高さ6mの壁で外周を囲い、その内部に開口部を調整することで内部と外部が一体化した空間を生み出している。スケールやプロポーションを調整してさまざまな空間をつくり、空間相互の関係が細かくコントロールすることが意図された。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2011年4月78ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。