WBE HAUS──連続壁の家

architect鵜飼昭年/AUAU建築研究所

address愛知県

住宅特集2011年3月号 148P

交通量の多い街道に接し、間口6m、奥行17mの北側敷地に建つ住宅。隣家や前面道路によって規定された小さなの函の中に高密で豊かな内部空間を作ることをテーマとしている。 道路と平行に建てられた壁を連立させ、そこに帯状の床を畳み込み、壁を刳り貫いていくというイメージで内部空間はつくられている。刳り貫かれた連続壁は、居場所ごとに異なる可視深度を生み出し、空間をより広く認識させる。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2011年3月148ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。