• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
南葉山solo
中永勇司/ナカエアーキテクツ 大野博史/オーノJAPAN
bookmark_outline
概略
敷地は直角三角形で、2辺で道路と接している。一辺は敷地と同レベルでもう一辺は3. 5mの高低差がある。そこで最下層をコンクリート造とし、もともとあった道路との間の擁壁の際いっぱいにヴォリュームをつくり、その上に2層の木架構を載せている。木造部分の下階は通常の在来軸組工法とし、上階は四隅に集成材の柱を1枚ずつ巴状に配置することで、4面に大開口をもった一室空間を実現している。
所在地
神奈川県
掲載誌
新建築住宅特集 2011年1月号 133P