kiti

architect光本直人+濱名直子/ミハデザイン

address神奈川県

住宅特集2010年12月号 142P

建主がイラストレータ / 工芸作家であることから、住空間のほか仕事場と将来教室を開くためにアトリエのスペースが要望された。そこで変形の敷地形状に合わせて最大限の容積を確保し、その中に2. 5層分のヴォリュームを入れている。階段を中心に東西ふたつに平面を分け、吹抜けのあるふたつのレベルの空間と、は半階をふくむ3つのレベルの空間をつくり、必要なスペースを確保すると共に緩やかなつながりをもつ複雑な空間を生み出している。また構造的には外周を在来工法、内部を2×4工法としている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2010年12月142ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。