NGT

architect新関謙一郎/NIIZEKI STUDIO

address新潟

住宅特集2010年12月号 86P

もともとの敷地は傾斜したひな壇状に造成された2区画分だったが、本来の地形に沿った緩やかな斜面に戻し、地形を取り込むように長さ22m×幅4mのヴォリュームをRCの壁で囲っている。風や光を考慮して道路に対し角度を付けて配置し、一辺は町に対して開かれている。また外壁は、型枠を調整してつくった出目地で仕上げることで表情をつくっている。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2010年12月86ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。