• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
生駒の住宅2
阿久津友嗣事務所
bookmark_outline
概略
屋根を五角形の敷地形状に沿って地盤面まで下ろして、さらに内側に半戸外領域を入れ込んだ皮膜状の外周壁としている。内部はすべての空間が緩やかにつながる構成。構造的な表現としては、90mm角の2本の合わせ柱が内部と半戸外の境界部分に使われている。その間のスリットには透明アクリル板が取り付けられ、光が差し込み、視線は抜ける。
所在地
奈良県
掲載誌
新建築住宅特集 2010年5月号 146P