ジョウショウハウス

architect基真由美/M.A.D+西牟田奈々/SML

address神奈川県

住宅特集2010年4月号 96P

室内に外部のような空間を持ち込むことを目指した住宅。ヴォリュームを立体的に分割し、余白を介入させることで、分割した境目に新たな面ができ、視界に入る表面積が増え、室内に立体的な広がりができている。この時、分割尺度を、手が届く、登れる、見上げる、見下ろすなどの「ソト的」な行為で定義し、外部にいるかのような感覚を得られるように考えられている。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2010年4月96ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。