House in TATEYAMA

architect布施茂/fuse―ateller+武蔵野美術大学布施スタジオ

address千葉県

住宅特集2010年4月号 82P

敷地の長軸方向に長いヴォリュームを配置し、自然光を取り入れ外部との関係を派生させるため、外部空間 (外室) を互い違いに挿入している。それによってジグザク状の平面形となった内部空間は、適度に分節され、外室を介して中と外が繰り返されることにより、多様な距離感がもたらされる。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2010年4月82ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。