• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
House in TATEYAMA
布施茂/fuse―ateller+武蔵野美術大学布施スタジオ
bookmark_outline
概略
敷地の長軸方向に長いヴォリュームを配置し、自然光を取り入れ外部との関係を派生させるため、外部空間 (外室) を互い違いに挿入している。それによってジグザク状の平面形となった内部空間は、適度に分節され、外室を介して中と外が繰り返されることにより、多様な距離感がもたらされる。
所在地
千葉県
掲載誌
新建築住宅特集 2010年4月号 82P